岡山ほくろ除去人気ランキング

ほくろ除去の方法とメリット、デメリット

ほくろ除去を、岡山市にもある皮膚科や美容外科で行う場合、主な方法としては、レーザー治療と電気メスを使った手術の2通りに分かれます。クリームを使って除去する方法もありますが、あまり行われていないようです。一般的にはレーザーによるほくろ除去がよく知られていますが、レーザー治療もメスを使った手術もほくろの破壊に熱を利用するという点で共通しています。レーザー治療は、皮膚内の水分に反応する炭酸ガスレーザーを使って熱を発生させ、ほくろの組織を破壊します。1mm〜5mm程度の比較的小さなほくろ除去は、レーザー治療を使用する場合が多くなっています。電気メスによる手術は、メスでほくろの色素を取り除き、電気エネルギーなどの熱で傷跡を固めながら行います。麻酔を使うような手術ではなく、傷跡を縫うこともありません。一回の施術で完了し、効果が高いのがメリットとなっていますが、ごくまれに傷跡が残ってしまう場合があります。レーザーによる除去は、施術後の傷跡が残りにくいというメリットはありますが、再発の可能性もあります。多くの美容外科では、レーザー治療でのほくろ除去は数回に分けて行うのが一般的で、何度か治療に通う必要があります。岡山市にもある専門の美容外科で行われるほくろ除去は、最新のマシンを使って行われ、施術後のケアもきちんとしているので安全性が高くなっています。どのような方法がベストであるか、どれくらいの費用がかかるかは、ほくろの大きさや部位によって変わってきます。ほくろ除去を考えている場合は、まず岡山市にもある美容外科に相談し、カウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングは無料で行われています。